マンションを購入するタイミングはいつなのかをきちんと把握することが重要です。

マンション選びは立地が何より重要!

待つことはいいことか

PAGETITLE
マンションを購入するタイミングをあえて待つという人も中にはいるかもしれません。
マンション購入を先延ばしにすることには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
マンション購入を待つメリットとしては、貯金をするチャンスが増える点が挙げられます。
頭金を増やすことができるので、住宅ローンによる借入額を少なくすることが可能です。
つまり住宅ローンの負担を軽減することが可能です。
しかし一方で、マンションの購入時期を先送りすることは、住宅ローンを借りる中でデメリットも生じます。
先延ばしにするということは、その分マンションを購入する年齢が上がってしまうことを意味します。
定年やリタイアするまでの時間がその分、短くなってしまいます。
返済期間を短くするということは、月々の返済額が大きくなってしまいます。
場合によっては定年までの年齢がネックになってしまって、住宅ローンが組みにくくなってしまう可能性も否定することはできません。
ですから、決してマンションを購入するタイミングを先延ばしにすることはメリットばかりではないということを頭の中に入れておきましょう。
では皆さんにとって、マンションを購入するタイミングになるのはどのような条件がそろった時でしょうか?
それは以下に紹介する2つのポイントをクリアすることができた場合と思ってください。
まずは自分の住みたいマンションが見つかった時です。
この住みたいマンションは決してマンションの中だけを見るだけでは十分ではありません。
そのマンションがある場所は、皆さんの住みたい場所に符合しているでしょうか?
立地条件までも満たしているマンションであれば、住みたいマンションの基準をクリアしていると思ってもらっていいでしょう。
またもう一つの条件は、上で紹介したような住みたいマンションが自分の想定している予算の範囲内に収まっているかどうかを確認することです。
この時購入価格はもちろんのこと、自分が将来稼げるであろう収入や支出、預貯金といったことをトータルで考えて、予算の範囲内に収まっているかどうかを考えることです。
身の丈に合った住みたいマンションがあれば、まさに購入するタイミングにきていると思ってください。
このようなタイミングがぴったりと当てはまっている人は、短期決戦でマンション購入することをお勧めします。
タイミングが来ているのにだらだらと躊躇していると、せっかく購入したいマンションをみすみす逃してしまう可能性があります。


Copyright(c) 2017 マンション選びは立地が何より重要! All Rights Reserved.