修繕積立金は、後になって値上がりする可能性を頭の中に入れておきましょう。

マンション選びは立地が何より重要!

修繕積立金に注意

PAGETITLE
住宅ローンを含めて、マンションを購入する人たちは長期的な資金計画をきちんと立てていると思われます。
しかし自分たちでは入念に資金計画を立てていたとしても、当初思っていたことと話が変わってきてしまうことがあります。
その中でも結構相談してくる人が多いものとして、修繕積立金があります。
マンションも建物の一種ですから、時間が経過すればするほど、どんどん建物の老朽化が進んでいきます。
配管の清掃をするとか、鉄骨部分の寂の塗装をするといったことを行っていかないと、住みつづけることが難しくなります。
一般的に新築マンションでも15年も経過すれば、大規模修繕を行っていかないといけません。
外壁の塗装の塗り替えや防水の補修などを行いますので、足場を組んだ本格的な修繕となるのが一般的です。
そこでマンションの管理会社では、長期修繕計画を作っているものです。
10年や20年、30年といった感じで中長期的な修繕をどのように行っていくかを考えます。
この修繕にかかる費用は、そのマンションで暮らしている住民が負担する必要があります。
そこでマンションを購入した後も、修繕積立金を支払っていく必要があります。
おそらく購入するときに、月々支払う修繕積立金の話が出てくるはずです。
そのことも頭に入れて資金計画を立てている人も多いでしょうが、ずっと当初言われていた修繕積立金を支払えばいいかというとそうもいかなくなります。
当然のことながら、時間が経過すればするほど、修繕をするためにかかるコストも高くなっていきます。
先ほど紹介した大規模修繕をすることになれば、ある程度のまとまったお金がどうしても必要になってきてしまいます。
そこでたいていのマンションでは、時間の経過とともに修繕積立金の費用もあげていく傾向があります。
もし10年後に5000円修繕積立金がアップした、さらにその5年後にもう5000円アップしたということになればどうでしょうか?
最初のうちはやりくりできていたことができなくなってしまうこともあるかもしれません。
またマンションの中には、毎月の修繕積立金の他にも一時金を請求してくるところもあります。
住宅ローンの金利が上がってくるタイミングで修繕積立金も上がるとなると、ダブルパンチになってしまう可能性もあるわけです。
このような事態が発生する可能性もあるということを、マンションを購入するときには頭の中に入れておく必要があります。
想定外のことが起きても支出できる余裕を残しておきましょう。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 マンション選びは立地が何より重要! All Rights Reserved.